日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本国債は価値なしなどではない

時々、日本には1000兆円を超える借金があるので、我が国の国債なんか価値なしだというような意見が見受けられます。

しかし、それは間違いです。我が国の経済は世界から信用されています。

実際、円も世界の様々な国の通貨と比べて国際的な信用力が非常に高いのです。

ですから日本の国債も金利がずっと低いレベルになっているのであり、もしも本当に価値なしだったら、もっと高い金利になってしまっているはずです。

そもそも1000兆円を超える借金とは言っても、借金しているのは政府であって国民ではありません。

ですから国民一人当たり数百万円の借金を抱えているなどという意見はナンセンスです。

国民は借金しているのではなくて、むしろお金を貸している側なのです。

いずれにしても、このような日本が発行している国債ですから、世界からの信用は間違いなく高いのです。

確かに我が国の財政状況にも問題点は色々とあります。

しかし、だからと言って財政が破綻してしまうようなことは考えられません。