日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本が発行する国債の価値は安定しています

世界の経済は、流通や情報の互換性が高まったことによって、急速にグローバル化が進んできています。

しかし、経済というものの世界的な基本的な単位は、あくまでそれぞれの国が担っています。

このため、経済のブロック化を進めたヨーロッパ諸国でも、最終的にはそれぞれの国が責任の担い手になるのです。

これに対して、日本の経済の状況はと申しますと、一番の懸念材料は、毎年たくさん発行している国債です。

国債は、その国の財政における、収入の支出よりも支出が上回る分を、借金をして補うために発行します。

この意味において、債券は出来るだけ発行しない方が良いというのは、誰もが認める共通認識です。

ここで問題となるのが、我が国が発行している国債の額が、年々増加してきていることです。

これは、バブル景気以降の我が国の経済状態の停滞が原因になっています。

また、リーマンショックのような、世界的な経済不況の影響もありました。

こうした多様な影響もある中で、経済が停滞していると、普通はその国の債権の価値は下がるものです。

ところが我が国においては、ほとんど価値が下がらずに、むしろ発行されるたびに売り切れている状況です。

いっぽうで、日本の為替が円安になると、インフレが加速して、債権の値段が下がるという指摘もあります。

ところが、我が国は円の発行量を、ここ数年増やしてきましたが、債権の価値は安定したままです。

したがって、日本の発行する国債は、国際的に非常に信頼されていることが分かるのです。

日本国債は価値なしなどではない