日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

国の借金の金額は多いの破綻しないのはなぜ不明のなのか

今、日本の借金は1000兆円を超えた金額になっている。

日本は近い将来破綻するのではないかと言われていますがそれは不明です。

他の国と違って発行した国債は殆どは国内で買われています。

個人で債権を購入されている方は不明かも知れませんが、実は銀行に預金しているお金や生命保険会社に支払っているお金で金融機関が債権を買っているのです。

それが、なぜか一人当たりにすると幾らの金額になると言っています。

銀行は、預けられた庶民のお金を使って債権を買い、債権と預金利息の差額で利益の一部を出しています。

生保も保険料収入で債権を買い、契約者に配当として出している訳です、この一連の循環が100%に近い数字で循環している為に、他のギリシャと言ったところ一番違うところになり、他では、自国の通貨を発行しても高い金利を付けないと債権を発行しても購入して貰えずに借金が増えて破綻していきます。

外に出て行くお金よりも、輸出などで入ってくるお金が多いために日本にが破綻することは今のところあり得ません。