日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

孫世代も視野に入れた長期間の借金返済計画

現在では国債の発行残高が1000兆円を超えているので、国の財政問題を考えるときには、孫世代も視野に入れることが重要です。

特に長期間の返済計画を立てて財政運営を行うことが、国の財政を健全化するためには重要です。

そのためには将来的に国の収入を増やして支出を減らすなど、抜本的な財政改革を行うことが大切です。

特に政府が強いリーダーシップを発揮して、長期間の返済計画を立てるのが理想的です。

そのためには所得税や消費税などの引き上げも必要ですが、結果として孫世代に健全な財政が実現できるメリットも大きいです。

また財政が健全化することで、国民一人一人が安心して暮らすことができます。

また税収を増やして国の借金を減らすためには、雇用を増やすことも重要です。

そこで政府は高齢者も働きやすいような、快適な雇用環境の実現にも努力しています。

そして最近では定年退職後の高齢者も意欲的に働いており、充実した生活を送っています。