日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金の返済期間について

経済の状況が報道される度に、日本にはたくさんの借金があるというようなことが言われますが、実際にどのくらいの金額でいつまでに返さなければいけないのかと言うことははっきりと分からない人が多くなっています。

国の借金と言うことは国債と言うことになりますが、国債にはさまざまな種類があります。

しかし借金という大きな枠組みの中で考えたときには、一番長い償還期限のものは超長期国債になります。

この返済期間はどのくらいになっているのかというと、20年になります。

返済期間に関しては長期や中期と呼ばれるものがありますが、期限が来た場合でも多くの場合借換債というものが発行されるようになっています。

この借換債で名前を変えて国債を再発行します。

そして償還すると言うようになっています。

したがって借金が全てなくなると言うことはありません。

その結果返済を行っても借金は増えるばかりとなります。

国である政府の債務は、国債という形で発行されていますが、国債を買っているのは銀行などの金融機関です。

その原資となっているのが家計や企業からの預貯金になります。

しかし国の債務に関しては、個人債務とは少し違いがありこのように完済する必要がありません。

完済してはいけないと言っても過言ではないほどです。

これが現代の金融システムとなっていますが、現在持っている全てのお金の背景には、必ず同じ金額の債務が存在しているという関係性になっています。

孫世代も視野に入れた長期間の借金返済計画