日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本が借金1000兆円国民一人当たり800万円という嘘

新聞やテレビなどのメディアが散々報道している日本の借金1000兆円という数字。

一人当たりで換算すると約800万円という途方もない金額ですが、このからくりを知らないまま鵜呑みにすると日本政府や財務省の目論見に引っかかってしまいます。

日本の借金は国債や借入金、政府短期証券を合わせた額であり、これは年々増加傾向にあります。

国の歳入に対して歳出分が大きいことから借金が増える形になるのですが、このままでは財政破綻になる、債務不履行に陥ってしまうとメディアが大騒ぎしていますが、そもそも国の借金ってどこから借りているのでしょうか。

答えは日本国民もしくは国内企業からです。

国債の保有割合は90%以上が国内で償還されており、外国からの借り入れが殆どなく健全な運営がなされているのです。

国内で殆ど償還がされているのに財政破綻など起こり得るはずがありません。

それどころか日本は諸外国の債券も多数保有している世界有数の債権国でありますし、諸外国へODAとして資金援助する額も相当なものです。

こういった状況でありながら財政破綻だと煽っているのは単なる脅しであり、国民に不安を煽っているに過ぎません。

国が財政破綻したら困るよねと国民に言い聞かせて消費税などの財源拡大を狙っているのです。

消費税増税は財務省などの省庁権限を拡大させる要因となるので増税に躍起となっているのです。

しかしその一方で法人税を引き下げるなど矛盾した動きを見せており、お金の動きをコントロールして省庁の思惑通りにさせる狙いがあるのです。

日本国民として国の財政問題は理解しておくべきです。

政府や官僚から流される都合の良い大本営発表には騙されないようにしましょう。

国民一人当たりの国の借金の増加傾向と将来の予測